Loading…

最悪の事態

Posted by 小林康文 on 06.2008 家族
猫の習性は皆目見当がつかない。
ネコの習性


先日、大の猫好きの友人宅へ行ったら奥様が妻に「猫の気持ち」なる本を貸してくれた。
勿論、私は読む気もない。ひとつ最近わかったことは、明け方4時半頃(今の時期は真っ暗だ)になると、とたんに元気になって家中を走り出す。
当然我らは就寝中である。
寝返りをうつとその動きに反応して布団の上からその動きに合わせて布団をひっかく。
盛りの激しい鳴き声で寝不足が続き、ようやく収まったと思ったら、今度はその激しい運動会とひっかき遊びでまたしても寝不足の日々が続く。
寝室から締め出すと、入れろ!とばかりに泣き叫び、ドアをひっかく。
今朝5時頃の出来事。
いつものように運動会を始めたので我らは布団を頭からかぶって難を避けていた。
いつもと様子が違う。部屋に走りこんできては布団の上で何かとじゃれあっている。
いつもなら布団をひっかく行動なのだが・・・・?

img_2885-200x200.jpg


しばらくするとまた走って出て行っはすぐ戻り、また何かとじゃれあっている様子。
そんな往復を何度も繰り返して、ようやく気が済んだのか1時間ぐらいしたら妻の布団の中に入り込んで静かになった。
私たちの起床。
妻が「これな~に?」と皮に茶色の毛のついたものを寝ぼけ眼の私の前に差し出した。
目が点になった。
呼吸が止まった。
言葉が出なかった。

そして最初に出た言葉が「あの野郎~~~~~!!!」
不覚にも私の部屋のドアを閉め忘れていた。
猫は器用にフライマテリアル収納抽斗を開けていた。
そして順番に気に入ったものを持ち出しては、ちぎり、ひっかき、もてあそんでいたのだ。

ネコの習性


ピーコック、エルクヘア、ディアヘア、ゴールデンフェザント、ホワイトカーフテイル、ブラックカーフテール、イエローカーフテイル、ブラウン&グリズリーハックル、etc。
其の数何と12種類。
マテリアルの毛はちぎられ、エルクのヘアがあちこちに散乱していた。
それにしてもカーフテイルなぞは、先日妻が買ってきた「猫じゃらし」と何の遜色もないほどそっくりである。
私の趣味はまるで猫の遊び道具を取り上げて作るもののようである。
猫を責める気はないが、ドアは指先確認をして確実に閉める習慣をつけることが必要なようだ。
昼、またドアを閉め忘れていたら、すかさず猫が入った。
すぐに駆けつけてドアを閉め、逃げ場をふさいだ。
それからしばらく猫の恐怖で泣き叫ぶ声が家中にしばらく響き渡っていた。
ざま~みろ!
  

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード