Loading…

お嫁入り道具

Posted by 小林康文 on 25.2009 家具づくり

去年の10月。
親子でいらしたご婦人から、一台の古い足踏みミシンをお預かりしました。
若い頃からこのミシンを使って、様々なものを縫っていらした。
人から仕立を頼まれ、洋服を縫ってきた、まさにプロフェッショナル。
着物地などの古布を使った洋服も見させていただいたことがあったが、カミさんは絶賛してた。

じざい工房の家具たち

もう、このミシンを使うこともなく、娘さんがお嫁に行くにあたって、それをドレッサーにして欲しいとのご依頼でした。

形も大きさも色も指定。
ナラ材を使って、全て組み加工で仕上げました。


じざい工房の家具たち

奥に背の高い化粧水などを置くために低くして欲しいということで。。。
その部分がちょっと難儀しましたが、収まりました。
上蓋の開閉金具は、その蓋が結構重いので、本当は油圧式でゆっくりと閉まるステーがあるのですが、大事に丁寧に使うための自分への戒めとして普通のものでいい、ということでした。

じざい工房の家具たち


3ケ月も待たせてしまいました。
気に入っていただいてホッとしてます。
皆さん、古いミシンは捨てないように。。。
重心が低いので、かなり大きな板をのせれます。

立派なテーブルになりますよ(@^▽^@
  

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード