Loading…

イペ材のポスト

Posted by 小林康文 on 12.2010 家具づくり   0 comments   0 trackback
去年、いただいたデッキ用のイペ材端材を使って、
もう、ボロボロになってしまった自宅用のポストを作った。
それをご覧になった静岡の方が、
サイズ違いで、
似たような形のポストのご依頼。
じざい工房の素材を生かす家具作り

自宅用との違いは、
正面に投函口がついたこと。
懐が深くなったこと。

さすがに、自宅用は簡易な作り。
ビスでお構いなしに、ガンガンと組み立てていくが
さすがに、ご注文となると、そうはいきません。
組加工を多様。
天蓋も反り止め加工をしっかりとしました。

小林康文の素材を生かす家具作り

イペ材はデッキ材としての最高級品。
鉄の板とも称されるほどに、無塗装でも最低10年は持つという材ですから
ポストにも安心です。

小林康文の素材を生かす家具作り
ちょっと、天蓋は
重いのが難点なので、
強風でも持ち上がらない程度に重く
手で開けるのに苦労しないほどに軽く。


【じざい工房の素材を生かす家具作り】


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://jizaikoubou.jp/tb.php/101-cc7048c5

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード