Loading…

「春」を待つ

Posted by 小林康文 on 26.2011 できごと   0 comments
ようやく東北自動車道の一般車両通行が可能になった。
災害発生以来、来店者は皆無となり、
毎日が開店休業状態です。
節電のために、ほとんどの明かりを消し、
計画停電の時は、休業。

原発放射能問題も重なって、
都心及びその近郊から北に向かって出かける人も
災害地への救援に向かう人を除いては
ほとんどいないというのも現実。
そして別荘地もシーズンオフとも重なって閑散状態。

福島からの避難者も日増しに増えてきているようにも思えます。

福寿草も花を咲かせ、
水仙もようやくつぼみを開き始めたけれど
那須の「春」はいつおとづれるのでしょう。

またいつもの賑わいを見せてくれることを祈って
新しい、小さな看板をつくりました。

那須高原じざい工房の看板

決して立派な看板じゃありませんが
古い桧材を削って
黒の水性塗料で手書きの看板。

これまでの雰囲気とは変えて
素材感を残し
ナチュラルな感じにしてみました。

車で走っていても見過ごしてしまいそうですが
でも、興味のある方の目にとまっていただければ嬉しいです。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード