Loading…

区切りの日

Posted by 小林康文 on 12.2011 つぶやき
今日、裏庭の大きな鉄釜に入れてあった睡蓮が花を咲かせた。

誰に見られることもない、
こんな場所に置いてしまって
申し訳ない気持ちになった。

いつまで咲いていてくれるかな。


睡蓮
誰に見られていなくても
花はただ自分の花を精一杯咲かせる。

あの人は嫌いだから30%
この人は大好きだから100%
今日は気分悪いから50%
人間って本当に我まま。

できるなら、
どんな状況でも
どんな人の前でも
自分という花を自然に咲かせていたいものだ。

昨日でニューヨークテロ、10年目
東北大震災から ちょうど半年。。。

私の誕生日は、そんな悲惨な日と縁が深い。
生まれた記念日が、祝う日というよりも教訓の日になっている。
世の中に偶然はなくて、すべてが必然だとしたならば、
この日に生まれた意味もきっとあるのだろう。。

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード