Loading…

秋田での展示会ギャラリー下見

Posted by 小林康文 on 07.2012 できごと
とてもお世話になっている秋田のギャラリーのオーナーさんから
以前より個展の依頼を受けておりましたが、
今回、思い切って
恐れ多くも受けさせていただきました。

一人ではとても難しいと思いまして
友人の鉄作家、三谷さんとの二人展という形で開催することとなりました。


5月18日からの予定です。
先月末にその展示場の下見をして参りました。
片道600kmほど。
結構遠かったですが、景色を楽しみながら
走ってきました。

4階建てビルのオーナーさんの経営です。
一階はとても素敵なブティック。

那須高原の家具工房 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり 
広々として、
素敵な洋服が
おしゃれなアクセサリーと一緒に
ディスプレイされています。

那須高原の家具工房 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり 
2階に上がると
エントランスも広々として開放的な雰囲気です。

那須高原の家具工房 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり 
落ち着いた
広い空間
今は常設の器などの展示がされていました。
オーナーさんや、店長さんと
久しぶりに今後のことについて話が盛り上がりました。

「気持ちがつながる」っていうことは
「波長が合う」っていうことなのかな。
ついつい長居をしたくなる
そんな人柄に、気持ちも温かくなります。

那須高原の家具工房 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり 
ほんとに、これだけの広い空間を
自分の作品で満たすことができるのだろうか
かなり不安になりました。
これは、ほんとに、
リキ入れないとまずいです。


那須高原の家具工房 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり 
あと一月ほど、
焦ってきました。
とにかく最善を尽くしたいと思います。
この仕事を始めた頃の原点に立ち返りながらの
作品づくりをしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。


読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード