Loading…

木皿つくり

Posted by 小林康文 on 15.2016 カトラリー類   0 comments
久しぶりにまとめてトレーづくり
端材を使っているので、同じものがありません。
規格ものではなく、
フリーハンドなものを。


那須高原 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり

チェリー材とオーク材
節もそのままに、アクセントとして生かして
那須高原 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり

時給計算すると
かなりの高額になってしまいますから
どうしても商品として出すことはできません。
自分用
友人用として置き貯めます。
那須高原 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり


トレーやカトラリーづくりはあくまでも自分のお楽しみ用。
こうしたカトラリーやトレーだけで生活しているクラフト作家もいます。
そうした方々が全てを道具だけの手作業で作る自分の作り方以上に手間がかかっているとは思えませんが、
でも、事実としてしっかりと生業をたてているのは神技に思えます。
高額な商品になっても、購入してくださるお客様がいらっしゃるということですね。
商品を購入するというより、その人の生き方に共鳴した証としての作品購入なのかもしれませんね。
そういう意味では、私には、そこまでの魅力がないということなのでしょう。
まだまだ、修行、努力がたりません。


那須高原 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり





  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード