Loading…

八溝杉ダイニングテーブル2台

Posted by 小林康文 on 03.2016 家具づくり   0 comments
Tag :八溝杉
栃木の銘木八溝杉を使ったテーブルのご注文が続けて入りました。
それも全く同じサイズで。
しかもです、
どちらもノックダウン(組立式脚)方式ですが、
一方は幕板をつけた金具
もう一方は、幕板なしの金具
そして天板の加工も
一方は鉋痕あり、一方はなし。
こんなこともあるんですね。

こちらが、幕板ありのパターン。


無垢材のテーブルはじざい工房

勿論、天板裏には反り止めのアイアンアングル材を2本埋め込み
幕板は収縮に対応する木駒止ですから、
万が一にはいつでも天板を修理加工できます。


無垢材のテーブルはじざい工房

天板は鉋痕を残して凹凸をつけるタイプ。
研磨をしっかりやって、ツルツル。
その凹凸の手触り感がなんとも言えません。
仕上げはダークウォールナット色の
オイルフィニッシュ2度塗り仕上です。

無垢材のテーブルはじざい工房


脚部はコーナー金具に取り付けます。
今回は道具も必要ないように、
蝶ナットで締め付けるだけのものにしました。


無垢材のテーブルはじざい工房


もう、一台は幕板無しのタイプ。
脚部はテーパード(下方面に細くなる形)

無垢材のテーブルはじざい工房

幕板がない分、足元ハスッキリと広く使えます。
仕上がり色はミディアムウォールナット色。

無垢材のテーブルはじざい工房

脚部の接合はレッグジョイント金具です。
この金具を天板裏側に埋め込みます。
脚部がぐらつかないように強度をあげるコツは
この金具を表面より1mm~3mmほど深く埋めこむこと。
そのクリアランスで締め付け度が高まって、
ビクともしなくなります。


無垢材のテーブルはじざい工房

この六角レンチで締めこむだけ。
簡単です。
ほんとに便利なものがありますね。

無垢材のテーブルはじざい工房


ここ数か月、この八溝杉を使った御注文が多くなりました。
針葉樹を使う家具づくりはできるだけ避けてきたのですが、
地産地消を考えると、
やはり地場のものを使うことが一番です。
この八溝材も大変に高品質ながらも、
価格は広葉樹とは比べようもなく安い。
同じサイズのテーブルを作っても5万以上の差が生じます。
それでいて、使い勝手もよく、優しさもあり、
人との距離を縮めるような雰囲気があります。
どうか、皆さま、是非、
栃木の八溝杉の魅力を手に触れて体感してみてください。
特に栃木県内の皆さまのご注文、お待ちしております。

【地場材で家具づくり、頑張るぞ!】
ざいHP
yabu facebook


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード