FC2ブログ
Loading…

竹内さまご連絡用

Posted by 小林康文 on 22.2019 未分類   0 comments   0 trackback
竹内さまへ
以前、パイン厚板で下のような節あり材ですが、座卓を作ったことがあります。
これも、耳部分は元々はストレートのものを杢目に沿って耳付風に仕上げたものです。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

こちらはパイン材ではありませんが、
曲線が面白いのでこの材を使って炬燵にして欲しいという依頼でした。
たぶん、竹内さまのご要望のイメージとしてはこちらに近いかも知れませんね。




P9101590_20190122094212ad9.jpg

反り止めも入れて
天板の脱着もノブボルトで簡易にしています。
高さはソファテーブルとしても使用したいということで、
通常の座卓よりもちょっと高めです。


P9191596.jpg

こちらが完成画像です。



P9191595_201901220942093da.jpg 

上記のような材を近場の材木屋さんに頼んで仕入れることは可能ですが、同じものはありませんし、御希望の材を探す、仕入れるまでの手間がかなりかかりますので、その辺の経費はかかって参ります。

簡単に安く済ますとすれば、ホームセンターなので売っているSPFを使う方法です。
SPF材は、Spruce(えそ松)とPine(松)Fir(もみ)の3種類を総称したものです。
耳付にするには、上記の座卓のように、直線を杢目に沿って耳付風にするという方法が一番、手っ取り早い方法になります。
その場合は、ご希望のサイズに合わせて、数枚を併せて天板を完成させます。


IMG_9800.jpg
以上、宜しくご検討くださいませ。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://jizaikoubou.jp/tb.php/412-cf413952

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード