Loading…

一輪挿しとベンチ

Posted by 小林康文 on 21.2010 家具づくり
家具づくり過程で出てくる、半端な材。
今回は角材の在庫を使っての製作です。
このシリーズ去年かなり作ったのですが、ポツポツと売れまして、
嬉しいことに在庫がなくなってしまい、
まとめての製作です。

じざい工房の素材を生かす家具作り

様々な材種がありますが、ウォールナットやチェリー材がお客様にはお好みのようです。
特に、若い方への人気があります。
嬉しいですね。


そしてもうひとつ
数年、薪棚の下の土台に使っていた建築廃材。
松材のしっかりした材です。
薪を片付け、空いたので、ベンチを2脚。
ところどころ、小さな腐食はありますが
外用のベンチ、
どちらにしても耐用年数は毎年塗装しても、
ウリンとかイペ材じゃない限り5年が限界でしょう。
ならば、超破格値で作るに限ります。

じざい工房の素材を生かす家具作り

どうですか、
立派なもんでしょう。
しっかり組み加工です。
廃材ですから、製作手間賃のみ。
かえって味があっていいでしょオ~

また、出ないかな、
こんな材・・・
基本的に解体はガ~ンとユンボーで潰してしまいますからね。
勿体ないって思います。

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード