Loading…

オークダイニングテーブル

Posted by 小林康文 on 27.2017 家具づくり   0 comments   0 trackback
Tag :ダイニングテーブル

オーク材のダイニングテーブル完成
脚部は久しぶりにデコレーションタイプに。
安物でパワーもなく、バイトレストの幅も狭いので、
長いタイプになると効率が悪いのなんのって。
ちょっと考えないとアカンなあ~。。。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

どうにかこんな感じで仕上がり
那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

取り付けたるとこんなふう~。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

今回は脚部が金具でのノックダウン方式です。
移動や、修理などがある時は、これは非常に便利ですね。
勿論、天板裏側は反り止め材の埋め込み
そして、木駒による天板収縮・暴れ対策も万全です。


那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル


色はミディアムウォールナット色仕上。
塗料をたっぷり塗り、すぐに研磨、拭きとり
そして再塗装後、拭き取り乾燥。
仕上げに輪しみのできにくいオイルを塗って完成です。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル


那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル


ハウスベーカリーで生徒さんたちと一緒に座るテーブルということで御注文いただきました。

飯島様、ありがとうございました。

じざいHP
yabu facebook





ブラックチェリーダイニング

Posted by 小林康文 on 24.2017 家具づくり   0 comments
Tag :ブラックチェリー
ご新居用のダイニングテーブル完成
ブラックチェリー1600×850×720mm
ステンレス反り止め埋め込み2本
脚部 ノックダウン方式 テーパード
リボスナチュラルカラーオイルフィニッシュ仕上げ


那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

天板に棚
雑誌などが置けるスペース
できるだけ全体のフォルムを崩さないために
高さは少な目、面積は大き目に
差し込み式にすることで、
材の反り止め効果もあります。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

使ってみて、邪魔な場合は
いつでも、取り外し可能なように工夫してみました。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

2辺は自然風の耳付仕上

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル


完成~♪

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル


中村様 
ご新居完成、そしてお嬢様のお誕生、
併せて、おめでとうございます。

ありがとうございました。

じざいHP
yabu facebook

さくら座卓

Posted by 小林康文 on 21.2016 家具づくり
座卓、続きます。
小ぶりのブラックチェリー座卓
耳付仕上
オイルフィニッシュ
オイルは輪ジミのつきにくい塗料を使いました。
埼玉へ発送。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル



那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル


那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

いつものように、反り止め、そして木駒止め
経年変化の対応、対策 万全です。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル


じざいHP
yabu facebook
問合せ:jizai@jizaikoubou.com

ナラ座卓

Posted by 小林康文 on 18.2016 家具づくり

完成
本日、東京に向けて発送。
楢材の座卓。
堀炬燵用としてご使用とのこと。
その掘りの部分に落とし込むために寸法きっちり仕上げ。

じざい工房 小林康文のテーブル

耳付仕上げです。

じざい工房 小林康文のテーブル


じざい工房 小林康文のテーブル

ステンレスのアングル材を2本
反り止め用として埋め込み

天板との接合は
お約束通りの木駒止め
経年変化への対応は万全かと思います。

じざい工房 小林康文のテーブル

裏面の様子。

じざい工房 小林康文のテーブル

ありがとうございました。



階段踏み板製作

Posted by 小林康文 on 16.2016 家具づくり
Tag :3段廻し、
久しぶりに「大工的」仕事
お世話になっている材木屋さんから、
建築中の家に設置する階段の制作依頼です。

4mもの松材
これがまた、重いのなんのって。
まさに力仕事です。

那須高原 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり

踏み板12枚
3段廻り 2組
蹴る込み板
そして手すり

那須高原 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり

甘くてみてました。
3日間、残業も続けて、
気合い入れっぱなしで、ようやく完成。
単に板を作る作業ですが、
最後の仕上げの研磨作業は、
かなりの時間と労力を要します。
数をこなし、品質を保つ。
それでいて、重い材。
やっぱり、普通の家具づくりが向いているようです。
大工さんの仕事は大変だなあ。
正直、何で、大工さんが作らないのかねえ~。。。


那須高原 じざい工房 小林康文の素材を活かす家具づくり


さあ、元の家業に戻りましょうか。
次はナラ材の座卓制作に移ります。

じざいHP
yabu facebook



八溝杉ダイニングテーブル2台

Posted by 小林康文 on 03.2016 家具づくり   0 comments
Tag :八溝杉
栃木の銘木八溝杉を使ったテーブルのご注文が続けて入りました。
それも全く同じサイズで。
しかもです、
どちらもノックダウン(組立式脚)方式ですが、
一方は幕板をつけた金具
もう一方は、幕板なしの金具
そして天板の加工も
一方は鉋痕あり、一方はなし。
こんなこともあるんですね。

こちらが、幕板ありのパターン。


無垢材のテーブルはじざい工房

勿論、天板裏には反り止めのアイアンアングル材を2本埋め込み
幕板は収縮に対応する木駒止ですから、
万が一にはいつでも天板を修理加工できます。


無垢材のテーブルはじざい工房

天板は鉋痕を残して凹凸をつけるタイプ。
研磨をしっかりやって、ツルツル。
その凹凸の手触り感がなんとも言えません。
仕上げはダークウォールナット色の
オイルフィニッシュ2度塗り仕上です。

無垢材のテーブルはじざい工房


脚部はコーナー金具に取り付けます。
今回は道具も必要ないように、
蝶ナットで締め付けるだけのものにしました。


無垢材のテーブルはじざい工房


もう、一台は幕板無しのタイプ。
脚部はテーパード(下方面に細くなる形)

無垢材のテーブルはじざい工房

幕板がない分、足元ハスッキリと広く使えます。
仕上がり色はミディアムウォールナット色。

無垢材のテーブルはじざい工房

脚部の接合はレッグジョイント金具です。
この金具を天板裏側に埋め込みます。
脚部がぐらつかないように強度をあげるコツは
この金具を表面より1mm~3mmほど深く埋めこむこと。
そのクリアランスで締め付け度が高まって、
ビクともしなくなります。


無垢材のテーブルはじざい工房

この六角レンチで締めこむだけ。
簡単です。
ほんとに便利なものがありますね。

無垢材のテーブルはじざい工房


ここ数か月、この八溝杉を使った御注文が多くなりました。
針葉樹を使う家具づくりはできるだけ避けてきたのですが、
地産地消を考えると、
やはり地場のものを使うことが一番です。
この八溝材も大変に高品質ながらも、
価格は広葉樹とは比べようもなく安い。
同じサイズのテーブルを作っても5万以上の差が生じます。
それでいて、使い勝手もよく、優しさもあり、
人との距離を縮めるような雰囲気があります。
どうか、皆さま、是非、
栃木の八溝杉の魅力を手に触れて体感してみてください。
特に栃木県内の皆さまのご注文、お待ちしております。

【地場材で家具づくり、頑張るぞ!】
ざいHP
yabu facebook

パイン座卓

Posted by 小林康文 on 15.2016 家具づくり
パイン材厚板の座卓

じざい工房のテーブル


摺り足はこんな感じ。。。
じざい工房のテーブル

じざいHP
yabu facebook

ナラ材の円卓

Posted by 小林康文 on 25.2016 家具づくり   0 comments
Tag :小林康文の素材を活かす家具づくり 無垢材 注文家具 ダイニングテーブル

ナラ材を使った直径130cmの円卓です。
脚部は櫓式。
家族5人が座るということで、摺り足の長さはできるだけ短くして
足元が邪魔にならないように努めました。
結果として90cm。
安定感も申し分ありません。


 じざい工房のテーブル
櫓式の脚部の中はデッドゾーン。
そこで、新聞程度は置けるように、
円形の棚を設けました。

じざい工房のテーブル


円周はご希望により、耳付仕様に。


じざい工房のテーブル


裏面には反り止めとして
ステンレスのアングル材を
表面がフラットになるように埋め込みました。
この手間は絶対に必要ですね。


じざい工房のテーブル


そして、天板との接合は
こちらも拘って温度、湿度での経年変化に対応できるように
木駒での接合にしました。

じざい工房のテーブル



完成です。


じざい工房のテーブル

来月初旬、納品。
今回は福島、白河市の新居までお届けにあがります。
ありがとうございました。

じざい工房のテーブル


じざいHP
yabu facebook



チェリー小ダイニングテーブル

Posted by 小林康文 on 18.2016 家具づくり
ワーキングテーブルと素材が一緒なので同時進行。
小さ目のダイニングテーブル兼コーヒ^テーブル

 じざい工房のテーブル

脚部は固定式ですので、裏側もすっきり。
天板との接合は木駒で。


じざい工房のテーブル

これも菌曜日に納品となります。
ありがとうございます。


じざいHP
yabu facebook


チェリー材ワーキングデスク

Posted by 小林康文 on 18.2016 家具づくり   0 comments   0 trackback
チェリー材のワーキングテーブルです。
左右に負荷さ100mmの抽斗をつけ
その下の棚は4段の可変式で使いすくしました。
L1800mm×D500mm×H710mm
スッキリとした使いやすいサイズですね。

じざい工房のテーブル

抽斗は全引き出し可能なスライドレール450mm

じざい工房のテーブル



じざい工房のテーブル


このサイズ、自分でも欲しくなります。
気持ちのいいサイズ感です。

ありがとうございました。

じざいHP
yabu facebook




  

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QRコード